忍者ブログ
映画、音楽等々のお気に入りや気になる作品の紹介。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

出口のない海(2006年)
 出演 市川海老蔵、伊勢谷友介、上野樹里、塩谷瞬 他

大感動を期待したのですが、
なにか足りないような感じでした。

それと、ストーリーの予備知識がないと
わかりにくいかも?
沖田(伊崎充則)の回天が壊れたのを
見て、なんでそんなに泣いているのか?
「二重丸」を書くことの意味の大きさとか。
そこまでに「回天」の持つ意味が
十分に説明されていないように感じました。

北(伊勢谷)、佐久間(柏原収史)などの
存在も中途半端になってしまったような?
どうせなら、彼らの過去についても
触れて欲しかったです。
(この辺は時間の問題もあると思いますが。)

個人的には「男たちの大和」の方が好きです。

あと、最後までどうしても気になったのが、
市川海老蔵が他の人よりやたら大人っぽく
見えたことです。
別の人の方が良かったんじゃないかなぁ、
と思ったのは私だけでしょうか?



PR
サウンド・オブ・サンダー(2006年)

過去へ恐竜狩りの旅へ。
この発想はどうなんでしょう?
大金をはたいてまで行きたい
と思いますか?
しかも結構なリスクもあるみたいだし。

過去をちょっと変えるだけでも
未来は大きく変わってしまう、
言ってることはわかるけど
だからって蝶1匹で・・・。
変な生物が大量にいて、
とても人間が住めるような
場所ではなくなってしまいました。
映画だからそのくらいしないとね。

全体的に盛り上がりに欠ける
ような気もしますが、
元の世界に戻そうと奮闘している
シーンは応援しちゃいました。
期待しないで観ると
案外面白いかもしれません。

きっと、この先もタイムスリップ
なんて出来ないんだろうなぁ。



SILENT HILL(2006年)

これって映画より前に
ゲームがあったんですね。
最近のゲームには疎いので
知りませんでした。
ちょっと気になります。

映画の方は一応、ホラーと
いうことみたいです。
前半は割とハラハラする場面が
あって良かったです。

話が進むにつれて、
気持ち悪さが増していきます。
この手の洋画って
変な生物がよく出ますね。

最後は悲しみに近いものが、
サイレントヒルでの出来事には
人間の嫌な部分がもろに出てました。

全体的にはそこそこ面白かったと
思います。でも、やっぱり
ホラーと呼ぶには恐怖とか
そういうのは控えめでした。
グロい物が苦手な方には
あまりお薦めできません。


日本沈没(2006年)
 出演 草彅剛、柴咲コウ、豊川悦司、大地真央 他

予告編を初めて見たときから
気になって早く観たかった作品です。
やっと観れました。

いきなり地震のシーンから
始まってちょっとびっくり。
と言っても、この地震は序章に
過ぎないものですが。

それでも地震後の街の姿は
目を覆いたくなるほどです。
自分が遭遇したら生き残れるか不安です。

そして研究の結果、日本は数年のうちに
沈没するという予測が。
これだけでも驚きなのに、
調査を進めると、もっと早いスピードで
沈没するという結果が・・・。

しかし、その結果にお偉いさんたちは
聞く耳持たず。
実際に事が起き始めたら、
国民には事実を公表せず。
などなど、腹立たしくなりましたが、
現実ではどうでしょう?
多少のデフォルメはあったとしても
同じようなもんかな?
弱者は切り捨てられてしまう運命なんですかね?

最後は沈没を食い止めようとする人たちの
姿に大感動でした。
映像も楽しめて(こういう言い方は良くないかな?)
かなり満足できたと思います。




タイヨウのうた(2006年)
 出演 YUI、塚本高史、岸谷五朗 他

本当はドラマが始まる前に観たかったんだけど、
やっと観に行ってきました。

もっと感動するのかと思ってたら、
そうでもなかったです。
物凄いのを期待しすぎてたのかな?

で、やっぱりドラマと比較しちゃうんですが、
出会いは映画の方が自然な感じです。
ただ、その後がスムーズに行きすぎで、
物足りなさを感じました。
まあ、時間の関係もあるのでしょうね。
ドラマの方はまだまだ、波乱があると思います。

それと、薫と孝治の恋愛よりも
父との親子の愛の方が印象に残りました。
特に最後の方の浜辺でのシーン、
父親である岸谷五朗の台詞1つ1つに
娘への愛を感じました。
やっぱり岸谷五朗が良かったのかな?
塚本高史はもうちょい頑張って欲しかった。

ドラマの方が益々気になりました。