忍者ブログ
映画、音楽等々のお気に入りや気になる作品の紹介。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

出口のない海(2006年)
 出演 市川海老蔵、伊勢谷友介、上野樹里、塩谷瞬 他

大感動を期待したのですが、
なにか足りないような感じでした。

それと、ストーリーの予備知識がないと
わかりにくいかも?
沖田(伊崎充則)の回天が壊れたのを
見て、なんでそんなに泣いているのか?
「二重丸」を書くことの意味の大きさとか。
そこまでに「回天」の持つ意味が
十分に説明されていないように感じました。

北(伊勢谷)、佐久間(柏原収史)などの
存在も中途半端になってしまったような?
どうせなら、彼らの過去についても
触れて欲しかったです。
(この辺は時間の問題もあると思いますが。)

個人的には「男たちの大和」の方が好きです。

あと、最後までどうしても気になったのが、
市川海老蔵が他の人よりやたら大人っぽく
見えたことです。
別の人の方が良かったんじゃないかなぁ、
と思ったのは私だけでしょうか?



PR
COMMENT WRITE













COMENT
TRACKBACK
この記事にトラックバックする: