忍者ブログ
映画、音楽等々のお気に入りや気になる作品の紹介。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パッチギ!(2004年)
 出演 塩谷瞬、高岡蒼佑(現:蒼甫)、沢尻エリカ 他

1968年の京都が舞台。
何故か最近、60年代を描いた作品
(「69」、「初恋」)が続いてます。
別に意識しているわけではないけど、
でもこの時代は好きかも。
それと「初恋」に続いて小出恵介が
出ているじゃないですか。
これも狙ってるわけじゃないのに。
っていうか、出ているのを観るまで
知りませんでした。

いつも他の監督作品を酷評している
井筒監督ですから、さぞかし素晴らしい
作品なんだろうと期待して観ました。
(心のどこかでは駄作であることを期待しつつ)
でも、やっぱり良かったです。
この作品に関してはあまり多くを
語らない方が良いような気がします。
とにかく良かったです。

朝鮮半島と日本、戦争・・・、
私には到底想像もつかない世界が
あったのだと思います。
(現在でも続いているのでしょう)
実際に体験したことがない人間が
言葉を並べてみても、的を得ない
ものなのだと思います。

「イムジン河」。この歌についても
話には聞いていました。
放送禁止なんて今では考えられない
ようなことが普通にあったんです。
この歌を康介(塩谷瞬)がラジオで
歌うシーンは最高でした。

気になったのは小出恵介が
後半、まったく出てこなかった
(最後にちょっとだけ出たけど)
ことくらい。




PR
トリック劇場版2(2006年)
 出演 仲間由紀恵、阿部寛 他

今までトリックは全然観たことがなかったんです。
でも、評判は上々なことや、
堤監督の作品ということもあって、
今回、初めて観ることにしました。

とにかく笑えます。
最初から小ネタ満載で、
堤監督らしいです。
一瞬も目が離せません。

仲間由紀恵の演技は?な部分も
ありますが、今まで観なかったことを
後悔してます。
過去の作品はこれから観ようと思います。




ファンタスティポ(2005年)
 出演 堂本剛、国分太一、宝田明 他

どんな作品かよくわからなかったんですが、
曲は割と好きだったので借りてみました。

設定は日本ですが、外国はたまた地球ではない
別の星のような感じを受ける作りでした。
リアリティがなく、幻想の世界とでも言いましょうか。

ストーリーは盛り上がりに欠け、
淡々と進んでいきます。
一番印象に残ったのはペット?の「トム」
不気味だけど、ちょっと愛らしい
不思議な生物でした。

エンドロールでファンタスティポのPVが
流れますが、そこが一番良かったかな?
この作品は曲ありき、なんでしょうね。
で、映画を観てから曲を聴くと
詩がとても良く伝わってきます。
不思議な作品でした。






着信アリ FINAL(2006年)
 出演 堀北真希 他

着信アリ
着信アリ2

最終作は舞台を韓国へ。
そして、転送すれば死なない、という
機能が付加されました。

結論から言うと、シリーズ物であることを
意識しなければそれなりに楽しめるかな?
という感じです。
FINALではもともとの着信の謎よりは、
人は死が近づいたとき、そして
その死を他人へ「譲る」ことができるとき
どのような行動をとるか。
また、周りの「友人」はどのような
行動をとるか、というところが中心だと思います。

個人的にはこういうの嫌いじゃないので
良かったと思います。
ただ、これが「着信アリ」であるがために
面白さは薄れてしまいます。
FINALはこれまでの着信アリとは
別のように思います。
これを「FINAL」としたことが疑問です。
ちょっともったいないかも。




M:i:Ⅲ<ミッション インポッシブル Ⅲ>(2006年)
 出演 トム・クルーズ 他

序盤から物凄いアクションシーンの連続で、
常にハラハラドキドキ。あっという間でした。

特に後半のビルへ侵入するシーン、
ああいうのってどうやって撮っているんだろう?
この作品全体を通してですが、
CGとかも駆使しているんでしょうね。

私が観たのは先行上映で、
まだ公開前ですので、このくらいにしときます。

今年観た洋画の中では1,2位を争う位の
出来だと思うので、観て損はないと思います。