忍者ブログ
映画、音楽等々のお気に入りや気になる作品の紹介。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タイヨウのうた 第5話

いきなり工藤から薫の自宅へ電話、
会いたいとのこと。
ゴーストライターのことだ!!
でも、そんなこと知らない薫は
大喜びで、孝治へ報告。

それだけじゃない、
孝治のところへは麻美から電話が。
孝治はゴーストライターの件について
麻美から聞くことに。

そして、孝治は工藤に会いに行く。
土下座までしても、まったく相手にされない。
まあ、そんなもんだろうね。
で、薫にゴーストライターのことを
話すことに。ついでに麻美と
知り合いだということも。
でも、薫はそんなに
ショックを受けた感じでもないみたい。
孝治の「秘密」を聞けたことが
嬉しかったみたい。
孝治と麻美は同じ施設だったんですね。

その後、薫は曲作りを順調に進める。
タイトルに「タイ・・・」まで
書いたところで画面が切り替わる。
え~っ引っ張るんだ、でもきっと・・・。

その曲を孝治に披露することに。
タイトルは「タイヨウのうた」、
やっぱりね。
しかし途中で左手に違和感が。
ギターを思うように弾けない薫は
突然、帰ってしまう。

薫は先生のところへ。
前回の検査が良くなかったことを知る。
ついに症状が出てしまいました。
もうギターを弾くことはできないのかな?

そして薫は家に帰らずどこかへ。
それを知った孝治たちは薫を探しに。
もちろん日の出時刻をチェック、
新聞を探すが「とってねぇんだ」って
探す前にわかるだろ!!
こんな場面でそれはないでしょ。
はっきり覚えてないけど、
こんなことするのは晴男でしょう。
で、日の出時刻は4:55。
このとき2:30なので、あと2時間半弱。
早く見つけてあげて、
ってまたこんな展開。

4:40 薫を発見、
やっぱり見つけたのは孝治。
この後はまたまた感動シーン、
 「もうほっといて」
 「ほっとけねぇよ」
 「なんでよ?」
 「お前のこと好きだからに決まってんだろ」
言いましたね。
そしてギターを弾く孝治。

次回以降、さらに病状は悪化するんですよね。
もうまともには見れそうにありません。


PR
タイヨウのうた 第4話(続き)

昨日の続きです。

孝治は薫に歌を辞めないで欲しい
という思いだけで、夜中?に
薫の家へ向かう。

薫の部屋の窓の方へ、
「1曲目がよかった」
ちゃんとCD聴いたんですね。
ちょっと感動です。

しかし薫の決意は固く
心を閉ざしたまま。

その後も毎日、薫の家へ通う孝治。
その姿に、ついに雄太(田中圭)が動く。
これは本当に良かった。
これまでの雄太はちょっと感じ悪くも
映ってましたから。
それも孝治のためを思ってのこと
なんでしょうけど。

晴男(濱田岳)、隆介(川村陽介)と共に薫の家へ。
なんとみんなで防護服着てるじゃん。
しかも、赤、青、緑、黄って。
(もちろん黄色は晴男)
その姿を見た薫はカーテンを閉める。

まただめかと思った4人。
その前にピンクの防護服を着た薫が。
やっぱりね。
ゴレンジャーが揃いました。
でも、この年代でゴレンジャーはどう?
それと、1人で着てるとどうとか
言ってたけど、ゴレンジャーも
十分恥ずかしいと思うんだけど。

久しぶりに太陽の下を歩く薫。
みんなでライブのチラシを配る。
そして当日、誰も来ない。
孝治達だけのままライブを始める。
すると集まる、集まる、
チラシを持った人たちが。
なんかこのシーンは「ドラマ」な
感じでちょっと・・・。

これで一件落着かと思いきや、
要注意人物の「麻美」がいました。
孝治のことを調べさせてたんですね。
なんでそこまで?
それで薫のライブのことを知ることに。
ライブ会場にも来ました。
車の中から見てましたねぇ。

今回は薫の両親の言葉に
感動させられましたが、
それをすべて麻美が吹き飛ばしました。
次回以降は麻美から目が離せません。


タイヨウのうた 第4話

今回はいろいろとありましたね。
今後のさらなる波乱を予感させます。

薫の誕生日、孝治は薫の父に招待される。
孝治は慣れない手つきでミシンを動かす。
何を作ってるんでしょう?

誕生日当日。
孝治が現れると薫の態度が一変、
家の中は嫌な空気に。
やっぱり好きになるのが怖いの?
孝治はプレゼントを渡すが、
薫は暴言を吐いて自分の部屋へ。

プレゼントは防護服、しかもピンク。
男ではなかなか思いつかないような?
まあ、誕生日に招待された時の
父親の言葉がヒントになってるんですよね。
そして「ピンク」がこのあと重要ですね。

それと、どうでもいい事ですが
孝治の指にはいくつもの傷が、
ミシンで怪我したと思うけど
そんなになるものかな?

書いてたら長くなりそうなので、
とりあえずここまで。


タイヨウのうた 第3話

第3話にして感動です。

観覧車に閉じ込められ、
次第に日の出が近付き焦る薫。

薫の異変に気付き始める孝治。

遂に自分の口から病気のことを話す薫。

それを聞いて薫を守ろうとする孝治。

一瞬も目が離せない程の緊迫感でした。
特に孝治が薫を守ろうとする姿は
本当に感動的でした。

ただ、あの閉じ込められ方はどうなの?
ベッキーが悪いんじゃん!!

麻美との過去については何もわからず。
どこまで引っ張るのかな?

序章が終わって、いよいよ本編といった感じです。
早く来週になれ。



タイヨウのうた 第2話

竹中直人はこのドラマでもまた。
ここでバイトやらないか、日給30000・・・
バイトが終わったら30000ウォン、日本円で3000円
って。騙される方もねぇ、気付きそうなもんだけど。

肝心の孝治(山田孝之)と薫(沢尻エリカ)は、
良い方向へ向かうかと思いきや、
隆介(川村陽介)の誘いでホストを始めたことで
また険悪なムードへ。
しかし、山田孝之や田中圭のホストはちょっと違う感じ。
川村陽介は似合ってましたが。
濱田岳は田舎のホストみたいになってました。
やっぱり海の家の方が似合ってます。

そして、やっぱり孝治はホストを辞めて元通り。

最後に現れた女性は?

来週は遂に病気のことを知ることになるようです。
益々、楽しみです。